パラグアイからこんにちは
南米パラグアイ生活をつらつらつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全アウェーな中で・・・

217.jpg

みなさん、こんにちは。
日本×パラグアイ、とても良い試合でしたね。
惜しくも日本は負けてしまいましたが、
パラグアイや隣国ブラジルの評価はとても高く、
試合前も「日本はいい試合をするから結果がわからない」と
パラグアイ人も不安でいっぱいの様子でした。

ここ南米パラグアイではサッカーは国民生活の一部です。
男性だけでなく、女性も子どももおばあちゃんも皆が大好きなスポーツです。
広場とボールがあればサッカーが始まるという感じで、道を歩いていてサッカーをみかけない日はまず、ないです。
平均65歳以上のおじいちゃん集団も上半身裸になってサッカーをしています。
倒れるんじゃないかと見ているほうが少しヒヤっとします

そんな国でワールドカップを見ることができ、そして日本との対戦を完全アウェーな中で体験するとは思ってもいない出来事でした。

現地での6月29日(火)10時、キックオフされました。
私は職場の病院の会議室でプロジェクターを使った大画面で同僚の皆と観戦しました。
ちなみに・・・
ワールドカップ期間中のパラグアイ人は自国の対戦日は仕事をほとんどしません。みんなそれどころじゃないとソワソワしています。店も閉まっています。患者さんも来ません。みんなテレビの前で過ごします。

最初は両方応援しようと思って、パラグアイのユニフォームを着て、日の丸鉢巻と旗を持って観戦に挑みました。

試合開始、開口一番で聞かれたのが「日本では誰が一番イケメンなんだ?」と。え、そこ?って感じです(笑)
みなさん、パラグアイの選手、かなりイケメンさん揃いと思いませんでしたか?サンタクルスとか俳優さん並みじゃありませんか!!
でもね、みなさん、パラグアイであんなイケメンさん、私お目にかかったことありません。
ビールとお肉をこよなく愛するパラグアイ男性は20歳を過ぎると、おなかがポッコリです。そして陽気な性格のためかキリリとした表情はしていません。だから私はパラグアイ選手を初めてみたとき、二度見してしまいました。本当にパラグアイ人!?と。。。すみません。パラグアイの皆様。いつも皆さんには感謝していますが、こればかりはパラグアイ七不思議の一つに入れさせて欲しいです。

完全アウェーな中でも、日本のサムライブルー達の熱い闘いをみていたら私も、やっぱり日本人です。気付いたらサムライを応援していました(笑)
観戦中もなんやかんやと罵声の嵐でしたが現地の人の応援は見ているほうが楽しかったです。パラグアイがミスをすると皆で心の底から悔しがり、ゴールに近づくとわれんばかりの大歓声。病院受付のおばさんはステンレスの食器ボールをがんがん叩いていました(笑)
日本を応援する私の存在も現地の人にとっては面白かったらしく、からかいの対象でした。

そして
最後のPK戦は水を打ったような静けさになりました。
ゴールが決まるたびに机を叩いて雄たけびに「パラグアイ!!」の大合唱。
外ではその都度花火があがります

日本が負けて悔しかったけど、日本でここまで国を挙げて応援するものってあるかな?って思いました。なんだかここまで国民と選手が一体になって一つのスポーツに打ち込めるこの国が少し羨ましくもありました。
負けた側の日本人である私を、自分の喜びを抑えて慰めてくれる人、日本の健闘を褒め称えてくれる人、次の日も「昨日は大丈夫だった?」と私が泣きはらして過ごしたんじゃないかと心配してくれる人、ここの国民は相手国に対してもフェアでした。

試合前、パラグアイのことがよく日本でも紹介されたと聞き、私はとても嬉しかったです。
なぜなら、日本にいたとき私はパラグアイのことを全然知りませんでした。どこの位置にあるかもです。。。きっと日本人の多くの方がそうだったことでしょう。
でもパラグアイは違います。日本のことをよく知っていて、「おはよう」「ありがとう」「さよなら」と日本人を見ると片言の日本語で声をかけてくれます。日本人が大好きなんです。日本を好きでいてくれる国の存在って大切だなってここに来てから思うようになりました。だからこの試合をきっかけにこの国同士の距離が縮まればいいなと思います

みなさん、次はパラグアイ×スペインです
パラグアイの応援、よろしくお願いいたします!!


スポンサーサイト
非常事態宣言
みなさん、こんにちは
大変ご無沙汰しておりました。
パラグアイにて、反政府組織による犯罪撲滅のため非常事態宣言が出されておりました。
そのため、その組織活動地域に比較的近い私の任地に戻ることができず、1ヶ月間、首都生活を送っていました。
23日に無事、非常事態宣言の終息を迎え、今月末には無事に任地に戻ることができそうです。
よかったよかった

ということで
この1ヶ月は
oumu
動物園に行ってみたり

daitouryouhu
daityouryouhuyoru
首都にある大統領府を昼夜ともに観光できたり

hituji
yuuyake
みんなでキャンプに行って夕焼けみたり、羊を食べたり
syokuji
美味しいディナーに連れて行ってもらったりと普段はなかなかできないことを経験させてもらいました。
写真はないけど、他のボランティアの任地に行って仕事見学させてもらったり、健康教育のお手伝いさせてもらったり、健康問題について一緒に考えたり、これもまたとても貴重な時間でした。
また任地に戻ってしっかり働いていきまーす!
お知らせ
日本時間の2月7日21:00~23:00
BSジャパンでパラグアイの風景が放映されるようです♪
興味のある方はみてくださいね~☆
パラグアイからは見られないのが残念

ただいま!
6泊7日パタゴニアへの旅から帰ってきましたーーー
いやー最高でした♪
アルゼンチン、すごい国です。

2日目 バルデス半島にて
ペンギンとたわむれる。
その数、尋常じゃありませんでした。
ぺんぎん
ぺんぎんの巣
親子ぺんぎん

パンダイルカをシャチと間違える
いるか

3日目 エル・カラファテへ
市内のお土産やさんめぐり。
夜10時に日が暮れるので時間の感覚がずれました。
でも夜なのに安心して外出できるのが嬉しかったーー♪
夏だけど札幌の初冬のようなピリっとした寒さでした。

4日目 夢かなう
氷河
ウィスキー
氷河の上を歩くというツアーに参加してきました。
実は氷河の上を歩いてみたいというのが私の夢でした。
いつからの夢だったか忘れるほど、ずっと心に想っていました。
夢ってかなうんだ
って思えた瞬間でした。
氷の感じはツルツルを想像していたんだけど
実際は小さな氷(アイスboxってアイス知ってる?そんな感じがぴったりなんだけども)
の上をザクザク歩く感じでした。
スノーシューのようなものじゃなく、かんじきをはいて登ったよ(笑)
最後に氷河の氷でウィスキーが出されました。
そりゃ飲めない私でも飲みましたよ。
しかもロックでくいっと。
美味しかったな~
帰りはフラフラしたけど気分は最高だったよ

5日目 船上から氷河を眺める
氷河3
氷河4
これもまた違った角度で氷河をみることができました~
とてもとても深く、澄んだ青。
別世界でした。
ここは全ての自然が大きい。
規模の大きさがけた違いのような気がする。
でも氷河の川淵があきらかに露出していて痛ましい感じもしました。
氷が溶けているんですね。

最終日はタンゴを満喫
たんご

アルゼンチンといえばタンゴ!
見てきましたよ情熱のタンゴ!!!
これもすごくすごく良かった♪
若い人たちだけでなく、中高年のペアもキレのあるダンスをしていて見惚れました
この写真は念願のエビを食べたレストランの前にあって、呼び込みのおじ様とパチリさせていただきました。

一生忘れられない思い出ができた旅行でした。
でも一方でもっと語学力をあげたい!
と感じた旅でもありました。
もっとパタゴニアの自然について現地の人と話したかった。
だから次は
(冬も行きたくなりましたので♪)
もっと話せる自分になるぞーーー

ということで
チャンちゃん♪





現地調査に行ってきました
正月早々、1月4日より5日間コロニアの生活と衛生状況の調査に行ってきました~
パラグアイ人も日帰りで行くことはあっても、泊まることはしていなかったみたいでみんなに「大丈夫か!?」「本当に行くの!?」とかなり心配されました
でもね
コロニアの保健改善の計画立案するにも
現地の状況を自分で感じて、住民の声を聞いてみないことには始まらないかなーと思って・・・
だから
思い切って行ってみました。
道なき道
道なき道をひたすら歩き、一軒一軒の家をまわって生活状況やトイレや井戸などを中心に衛生状況を調査してきました。

家の中
ほとんどの家の室内がこのような感じです。
パラグアイは南の国のイメージがあるかもしれませんが、冬もきちんとあるのです。
私も寝袋なしでは眠られないほどに寒いです。
今は夏で日中は40度近くになってとても暑いのですが、夜中は本当に冷え込むので寒かったです。

ベッド
ベッドはハンモックでした。
寝心地は最高でしたよーー
だから毎日朝まで安眠でした♪

水浴び
井戸
ホームステイさせてもらったお家が小川に近かったので、毎日水浴びができました
下の写真は井戸です。
井戸に近いお家はよいのですが
遠い所では水くみに片道1kmの行程を毎日4~5回通うとのことでした。

魚
私たちに魚を食べさせてやる!
と先住民の皆さんが毎日に釣りに行ってくれていました(涙)
そして
やったーーー
黄金に輝くピッチピチのお魚2匹もGETです ウシシ
スープにして美味しくいただきました♪
ここコロニアの生活は本当に貧しいのですが
みんな助け合って生活しています。
他にもヤギの肉を分けてくれたり、、、
その想いが本当にうれしかった。

よく見たら家のお父さん、私の肩にうまく乗ってるね~

友だち
ロベ
泣き虫リア

ホームステイした家にロベ11歳、リア3歳の二人のかわいい兄弟がいました。
ロベは家の手伝いを大人並みにしながら、自分の遊びもきちんと両立しているスゴイ子でした
リアは見るといつも犬やら猫やらにちょっかいを出しては反撃されて泣いていました
でもカメラが大好きでカメラを向けるとすぐにはにかんでくれる何とも愛らしい子でしたわ♪

こうして5日間、様々な人にお世話になりながら無事に過ごすことができました。
たくさんの問題があったけど、先住民の皆さんと改善に向けて前に進んでいけたらいいなと思います。

そしてわたくし
これからパタゴニアへ行ってきます!
また旅行についてのせますねーーー


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。