パラグアイからこんにちは
南米パラグアイ生活をつらつらつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地調査に行ってきました
正月早々、1月4日より5日間コロニアの生活と衛生状況の調査に行ってきました~
パラグアイ人も日帰りで行くことはあっても、泊まることはしていなかったみたいでみんなに「大丈夫か!?」「本当に行くの!?」とかなり心配されました
でもね
コロニアの保健改善の計画立案するにも
現地の状況を自分で感じて、住民の声を聞いてみないことには始まらないかなーと思って・・・
だから
思い切って行ってみました。
道なき道
道なき道をひたすら歩き、一軒一軒の家をまわって生活状況やトイレや井戸などを中心に衛生状況を調査してきました。

家の中
ほとんどの家の室内がこのような感じです。
パラグアイは南の国のイメージがあるかもしれませんが、冬もきちんとあるのです。
私も寝袋なしでは眠られないほどに寒いです。
今は夏で日中は40度近くになってとても暑いのですが、夜中は本当に冷え込むので寒かったです。

ベッド
ベッドはハンモックでした。
寝心地は最高でしたよーー
だから毎日朝まで安眠でした♪

水浴び
井戸
ホームステイさせてもらったお家が小川に近かったので、毎日水浴びができました
下の写真は井戸です。
井戸に近いお家はよいのですが
遠い所では水くみに片道1kmの行程を毎日4~5回通うとのことでした。

魚
私たちに魚を食べさせてやる!
と先住民の皆さんが毎日に釣りに行ってくれていました(涙)
そして
やったーーー
黄金に輝くピッチピチのお魚2匹もGETです ウシシ
スープにして美味しくいただきました♪
ここコロニアの生活は本当に貧しいのですが
みんな助け合って生活しています。
他にもヤギの肉を分けてくれたり、、、
その想いが本当にうれしかった。

よく見たら家のお父さん、私の肩にうまく乗ってるね~

友だち
ロベ
泣き虫リア

ホームステイした家にロベ11歳、リア3歳の二人のかわいい兄弟がいました。
ロベは家の手伝いを大人並みにしながら、自分の遊びもきちんと両立しているスゴイ子でした
リアは見るといつも犬やら猫やらにちょっかいを出しては反撃されて泣いていました
でもカメラが大好きでカメラを向けるとすぐにはにかんでくれる何とも愛らしい子でしたわ♪

こうして5日間、様々な人にお世話になりながら無事に過ごすことができました。
たくさんの問題があったけど、先住民の皆さんと改善に向けて前に進んでいけたらいいなと思います。

そしてわたくし
これからパタゴニアへ行ってきます!
また旅行についてのせますねーーー


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。