パラグアイからこんにちは
南米パラグアイ生活をつらつらつづります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕事紹介、ちょっとその前に・・・
仕事の紹介をする前に大切なことを忘れていました!
そうパラグアイという国についてまず紹介しなきゃですね~
パラグアイ地図


町の風景

正式名称はパラグアイ共和国
南米の大陸の真ん中あたりに位置する日本と同じくらいの面積を持つ国です。
ちなみに私は北部に位置するペドロファンカバジェロ市という国内で4番目に大きな市に住んでいます。
ブラジルの国境沿いにあります。
パラグアイはスペインによる植民地化により、スペイン語を公用語としています。(宗教は大半がカトリックです)
グアラニー族をはじめマニ族、ニバクレ族など多くの先住民族も暮らしており、言語もそれぞれに異なりますが、グアラニー語がスペイン語に並び公用語として存在しています。
コロニアと呼ばれる先住民族の村に行くと、ほぼ100%このグアラニー語で会話されているので、私はまだチンプンカンプンです
下の写真はそのコロニアの子どもたちです。

コロニアの子どもたち

パラグアイにはこれといった観光資源はありません。
位置的にはイタグアの滝という世界3大瀑布に面していますが、戦争に負けてしまったためパラグアイの観光資源にできず、見に行くためには隣国ブラジルやアルゼンチンから入らないといけないという悲しい結末に・・・。
しかーし!!
この国は、花と緑の桃源郷といわれているだけあり、自然の中に町がたたずんでいるという印象を受けます。
道には色鮮やかに花が咲き乱れる大木があり、季節が変わるたびに多種多様のフルーツが実るため、小鳥や虫にとっても楽園であることでしょう。現に、どの小鳥もまるまる太っています♪

花のある風景

この国は貧富の差がとても激しくお金持ちはとーーーっても裕福ですが、貧しい人は本当に着るものにも困るほど貧しいのです。子どもが道で物乞いをしたり、働いていたり・・・日本では目にしたことのなかった光景に最初は戸惑いました。
でも問題と思われるものは沢山あっても、子どもをはじめ、人はみんな逞しいです。
残り1年半、どんな経験をしていくのでしょ・・・
みなさん、お付き合いよろしくお願いいたします
ペコリ~

町の風景2
スポンサーサイト

コメント
ぶえのすでぃあす!?
元気そうで何より。がんばってるみたいだね。
あのパンがクマになる日を楽しみにしています。
またコメ書くから~~
[2009/12/11 02:24] URL | tani #- [ 編集 ]

クマになる日
醜いアヒルの子が白鳥だったように
いつか・・・いつか・・・
コメントありがとうございます~~
[2009/12/16 05:48] URL | YOSHIKO #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yoshipara.blog91.fc2.com/tb.php/10-ce3a6d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。